住宅ローン金利比較表【2022年9月】


・単位は%、金利は各銀行の住宅ローン金利表を元に作成しています。

・前月の住宅ローン金利と比較をして上がったものは赤字に、下がったものは青字に、変わらないものは黒字にしています。


【今月のコメント】

変動金利は据え置き、固定金利は多くが引き下げとなりました。

 

国内大手銀行の三菱UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・三井住友信託銀行は、10年固定金利を引き下げました。みずほ銀行は据え置きとなりました。

また、多くの金融機関がフラット35/35固定金利では、0.01ポイント引き下げられました。

 

米国の長期金利(10年国債)は、インフレ対策として、継続的な利上げを実施し上昇。世界的な物資不足などで景気後退への懸念により、一旦は大きく下落しましたが、追加の利上げにより再度金利は上昇しています。

 

日本の長期金利(10年国債)は、米国の金利上昇につられて徐々に上昇傾向になりましたが、日銀はこれを嫌って、継続的な指し値オペで、金利上昇の抑制を続けています。

 

現在も、日銀は長期金利が0.25%を超えないように指し値オペを行う方針を継続しています。

【過去データ】