カテゴリ:その他(不動産)



問題として、所有者不明土地は、相続登記の未了や住所変更登記等の未了が原因で発生していることが多い。 所有者不明土地とは、不動産登記簿で直ちに所有者が判明しない土地や、所有者が判明しても所在が不明の土地を言います。 この所有者不明土地の発生を予防するために、不動産登記法の改正が行われました。 (2024年4月1日に施行)
父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、住宅用の家屋の新築、取得または増改築等の対価に充てるための金銭を取得した場合、一定の要件を満たすときは、非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります。 適用期限は、令和4年1月1日から令和5年12月31日までとなりました。
宅地建物取引業法(宅建業法)の改正法が、2022年5月18日施行されました。 デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律により、宅地建物取引業法についても改正されることとなりました。...
弊社のような小さな会社の場合の自社株評価方法は、純資産価額による評価方法が良さそうだ。 先日、不動産コンサルティングマスター専門教育「事業承継」で学んだ計算方法によると、 資産:5,000万円(帳簿資産も同額) 負債:3,000万円 純資産:2,000万円...
所有者不明土地の面積が推計で九州本土の大きさと同じと言われている昨今、改善すべくようやく法改正されました。 所有者不明土地改正法のポイントについて、吉田修平弁護士より学びました。
不動産アドバイザー(AD)養成講座開設に向けて
『祖母から相続した、空き家をどうしたら良いかアドバイスが欲しい!』 先日、こんなご相談をいただきました。 私が所属するファイナンシャルプランナーで構成された社団が主催する、オンライン相談会でのことでした。 空き家を所有されている方であれば、多くの方が心配されることではありますが、課題解決は簡単ではありません。...
新型コロナウイルス感染予防対策ガイド
『不動産業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイド』 (業界団体向け) 令和2年5月20日版 が国土交通省のホームページより提示がありましたのでまとめます。