カテゴリ:相続



令和4年4月1日施行で、成年年齢を20歳から18歳に引き下げる改正法が成立しました。 また、女性の婚姻開始年齢は、16歳と定められていましたが、18歳に引き上げられています。 この改正により、親権者の同意を得ることなく、ローンを組めたり、携帯電話を購入したり、アパートを借りたり等の、法律行為ができるようになりました。...
YouTube「空き家対策チャンネル」(NPO法人 高付加価値住宅流通活性化協会)にて、『失敗しない相続対策』について、志村がインタビューを受けました。 その⑤「相続した実家を二世帯住宅に建替え・換価分割」についてお話ししています。
YouTube「空き家対策チャンネル」(NPO法人 高付加価値住宅流通活性化協会)にて、『失敗しない相続対策』について、志村がインタビューを受けました。 その④「親から子へ生前に資産を組み換え」についてお話ししています。
YouTube「空き家対策チャンネル」(NPO法人 高付加価値住宅流通活性化協会)にて、『失敗しない相続対策』について、志村がインタビューを受けました。 その① 「子供がいない夫婦の相続で気を付けること」についてお話ししています。
YouTube「空き家対策チャンネル」(NPO法人 高付加価値住宅流通活性化協会)にて、『失敗しない相続対策』について、志村がインタビューを受けました。 その⑥ 隣地同士の敷地の一部を交換することにより解決した事例をお話ししています。
相続登記の申請義務化と過料
相続登記や住所変更登記が義務化になってしかも過料があるとなると、不動産所有者不明土地問題や空家問題解消には、大きく機能するでしょう。
65歳以上70歳未満の有病率は1.5%、85歳では27%に達します。 厚生労働省によると、85歳以上では、4人に1人は認知症になると言われ、今後深刻な問題になってきます。 この認知症の問題は、空き家問題にも深く関係しています。 親が認知症になり、さらに施設に入居することになり、実家に家族が同居していない場合、実家は空き家になります。...
相続(お子様がいない方の相続 遺言書の重要性 遺留分がない)
 生前、ご主人は、「今度こそ退院したら、遺言書を残そう」と、話されていたそうです。 でも、間に合いませんでした。遺言を残す前に気力がなくなってしまったようです。    遺言を残すお気持ちがあったのになぜ残せなかったのか?  今、改めてご主人の心の内を想像してみたいと思います。
遺言書を発見⁉した時、どのように行動すればよいか、ご存じですか?
配偶者居住権が存続期間の満了前に何らかの事由により消滅することとなった場合、相続税・贈与税はどのようになるのでしょうか。

さらに表示する